ジェイ・バス株式会社 リクルート
閉じる
電子部品を通して安全や快適を設計する

電子部品を通して
安全や快適を設計する

小松開発設計部 艤装グループ

2017年入社/電気電子工学科卒業

東 伸泰nobuyasu higashi

周囲からの高い評判が
企業選びの決め手

実家に近いこともあり、ジェイ・バスという会社があることは以前から知っていました。しかし、私の中でその存在を意識するようになったのは、就職活動を始めてからのこと。さまざまな条件がある中でも特に職場環境を重視していた私にとって、ひと足先に当社で働いていた友人の「休みが取りやすいし、話しやすい人ばかりだよ」という言葉は、信憑性が高い上にとても惹かれるものがありました。親も「評判がいい会社だ」とすすめてくれたことから、ジェイ・バスなら自分自身が満足できる環境で働くことができると感じ、志望しました。

設計職の醍醐味は
何事もなくバスが走ること

現在は、バスの内装部品に関わる設計を行う艤装グループで、電気部品を担当しています。具体的には、お客様の要望を実現するために、周辺装置との関係や使いやすさ、安全性、コストなどを考慮して配策検討し、製造現場と成立性を確認しながら設計を行います。
何度もトライ&エラーを繰り返してやっと完成した部品も、デザインなどと違いお客様の目に直接触れることはありません。しかし、設計した部品がバスに搭載されること自体が私の考え方が採用されたという意味の成果。携わったバスが何事もなく全国で走っていることが設計職の喜びなのだと思います。

先輩からのひと言で
救われた新人時代

入社当初、分からないことがあっても、人を頼らず自分で試行錯誤すべきではないかと悩んだことがありました。そんな時、先輩から「分からないのは当たり前。些細なことでもどんどん聞いて早くスキルアップして」と声を掛けてもらい、気持ちがすっと楽になりました。自動運転をはじめ、車へのニーズはますます高まっており、電装部品も増加の傾向にあります。学ぶべきことはまだまだありますが、当社には自分の経験を惜しまず伝えてくれる頼もしい先輩がたくさんいます。まずは、先輩に肩を並べられる存在を目標に、日々着実に成長していきたいと思っています。

就活生へのメッセージ

会社では自分の思いや考えを発信するコミュニケーション能力が必要です。そういった意味で、学生の時にいろいろなことに挑戦し自分の引き出しを増やしておくといいと思います。