ジェイ・バス株式会社 リクルート
閉じる
効率よくスムーズに工場を動かす

効率よくスムーズに
工場を動かす

小松工場 生産管理部 生産管理グループ

2017年入社/スポーツ科学部卒業

平野 怜奈rena hirano

ひとり一人と向き合う
あたたかな対応が決め手

長年、製造業に携わっていた祖父から、生産管理という仕事があることを聞き興味を持ちました。社内のあらゆる部署とコミュニケーションをとりながら製造現場を管理するという業務内容が、人と関わることが好きな自分に合っていると感じたのです。
就職活動ではいくつかの企業を検討しましたが、ジェイ・バスは学生ひとり一人としっかり向き合ってくれる姿勢が印象的でした。社内では皆さんが気さくに挨拶してくれ、面接も長い時間をかけてじっくり対話する形式で、リラックスして素の自分を出すことができました。それだけに、採用通知が届いた時は、本当の私を知った上で受け入れてもらえたことがとてもうれしかったです。

モノと人の動きを見極め
製造現場に流れをつくる

入社後から現在まで、生産管理部でバスの組立などを行う製造ラインの管理を担当しています。納期や仕様を考慮し全ての工程がスムーズに進行するよう着工計画を策定するスケジューラーのような役割。部品の不足や不良といったトラブルが起きれば、現場責任者と一緒に対応に当たります。原因の解決はもちろんですが、新たなミスを防ぐためにも状況報告を密にするなどして現場のモチベーションを下げないよう心がけています。トラブルを乗り越えた後「ありがとう」、「平野さんのおかげで何とかできた」と言ってもらうと、より強い信頼関係を築けた気がしてとてもうれしいです。

育ててくれた先輩方に
成長することで恩返しを

新人の頃、現場でラインを流れるバスを見ながらあれこれと質問する私に、各工程の班長たちは嫌な顔ひとつせず丁寧に説明をしてくれました。きっと、自分のラインをもっと良くしたい、現場を理解してほしいという希望と期待があったのだと思います。その思いに応えるためにも、周囲とのコミュニケーションを大切にし、より現場に負荷が少ない着工計画を考えるよう努めています。新年度からは、新しく品質チェックや納期に関わる工程管理を担当します。不安はありますが、これまでの経験を生かしてステップアップし、いつか「製造現場のことは平野に聞け」と言ってもらえるようになりたいです。

就活生へのメッセージ

当社には結婚や出産を経験しながら活躍している女性社員がたくさんいます。ライフステージが変化しても仕事に打ち込める環境の有無は、女性が人生を楽しむためにも重要なこと。しっかりチェックしてくださいね。