ジェイ・バス株式会社 リクルート
エントリーする 閉じる
誰もが無理なく働ける現場環境をつくる

誰もが無理なく働ける
現場環境をつくる

生産技術部 車体技術グループ

2014年入社/工学部 機械精密システム工学科卒業

福田 寛明hiroaki fukuta

スケールの大きな
ものづくりに魅せられて

幼い頃から、自動車とプラモデルなどのものづくりが好きだったこともあり、自動車関連の製造業で働きたいと考えていました。友人も自動車好きが多く、同じように製造業へ就職を希望する者もいたため、人と違ったことをしてみたいと探して巡り合ったのが、ジェイ・バス。バスというスケールの大きなものづくりができることに魅力を感じました。
企業説明会や工場見学に参加するうち、人事担当者の話しやすい人柄や社員間の距離が近いあたたかな雰囲気に触れ、気持ちが変化。最初は検討企業の1社だったジェイ・バスが、いつしか絶対に入社したい会社に変わっていきました。

よりよいバスづくりを
設備や環境面でサポート

私が担当しているのは、設計部が作成した図面を基に、指示されている仕様を実際に工場で製造可能か否かを判断し、どんな設備や道具を使ってどのような作業をすればいいかを考え必要なものを準備する仕事。いわば、つくりたいという設計部の意向とそれをカタチにする製造現場の橋渡し的な存在です。私の提案次第で、現場の作業がより楽になったり、これまでにない新しいものづくりができたりするため、社内はもちろん設備工事やメンテナンスをお願いした業者様とも積極的にコミュニケーションを取り、世の中の最新技術から裏技的なアイデアまで常にアンテナを高くして情報収集を行っています。

苦労も貴重な経験
がむしゃらに走り続けたい

私の理想は、安全、品質、生産性、コストといった条件を満たすだけでなく、製造現場の全員が無理せず不満なく作業ができる体制。自分が入れた設備に対し、「使いやすくなった」、「仕事がしやすくなった」と言ってもらえると素直にうれしいです。
現在もがむしゃらに仕事をしている状態で、将来を見通す余裕は正直ありません。新しい設備にも関わっていきたいし、これまでに携わった設備をもっと良くもしていきたい。うまくいくことばかりではありませんが、苦労しながらでもひとつずつ経験を積み重ねるのはとても楽しいです。あと5年か10年か分かりませんが、先輩方に一人前と認めてもらえるまでこの部署で頑張ります。

就活生へのメッセージ

私自身の反省も込めて言うなら、学生時代は勉強もしっかりやっておくといいです。知識は自分の引き出しになり、その数が多いほど仕事につながるアイデアが生まれます。資格試験に挑戦するのもいいと思いますよ。