閉じる
CSR・環境・社会貢献

労働環境の整備

次世代育成支援行動計画【第5期】

すべての従業員がその能力を十分に発揮できるような労働環境の整備を行うとともに、次世代育成支援について地域に貢献する企業となるため、次のように行動計画を策定する。

次世代育成支援行動計画

1.計画期間

2015年4月1日から2020年3月31日までの5年間

2.内容

【目標 ①】

2020年3月31日までに年次有給休暇の消化率(取得日数/付与日数)を平均70%以上とする。

対策

  • ・計画年休取得制度をさらに効果的に運用し、各個人が均一に取得できるように職場における働き方の改善を図る。
  • ・個人の年間最低取得日数を設定し早期に目標を達成させる。

【目標 ②】

2020年3月31日までに、家庭内育児の充実を図るために育児短時間勤務制度の利用促進を図る。

対策

  • ・制度利用の促進を図るために、社内イントラネットを利用し周知・促進を図る。
  • ・全従業員に制度理解活動を行い取得しやすい職場環境の整備に努める。

【目標 ③】

2020年3月31日までに地域の子供や当社で働く従業員の家族の工場見学をさらに充実する。

対策

  • ・見学希望者に対して受入可能な体制を整える。
  • ・工場見学にあわせ、「ものづくりの面白さ」を体験できるような催しを、労働組合と連携して実施する。

女性活躍推進法に基づく行動計画【第2期】

女性従業員が能力を発揮して活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

女性活躍推進法に基づく行動計画

1.計画期間

2019年4月1日 ~ 2022年3月31日

2.内容

【目標 ①】

適性な評価・面談の実施を目的に、評価者対象の評価者教育を年1回以上行い、「関わり方改善」を目指す。

対策

  • ●2019年 4月~
    評価者教育含め階層別教育を実施し、各階層に応じて必要なスキルを習得し、意識改革・自己啓発に繋げる。
  • ●2019年 4月~
    多様な働き方の変化のなかで適性な評価を行うための教育を実施する。
  • ●2019年 9月~
    意識調査(従業員満足度アンケート)の継続実施と、改善項目の検討と対策の実施を行う。

【目標 ②】

「働き方改善」として、各種休暇に対し整理・整備し周知実施すると共に休暇制度や手続きの見える化をはかる。

対策

  • ●2019年 4月~
    全従業員の有給休暇年間最低取得日数の設定と完全取得に向けた取組や定時退社日の実施徹底を行う。
  • ●2019年 4月~
    男女が育児などライフステージごとの必要な休暇制度を見える化し利用促進する。

【目標 ③】

女性の採用を拡充、また女性従業員が生涯イキイキと働ける職場環境づくりを目指す。

対策

  • ●2019年 4月~
    合同企業セミナーや面接などの採用活動に女性社員を参画し、女性が活躍できる職場であることをPRする。
  • ●2019年10月~
    女性の現状困りごとについて情報交換会の場をつくり、女性目線での職場改善を検討・実施する。
  • ●2019年10月~
    上司と部下との相互理解を深めるために、コミュニケーション力の向上をはかる。

女性の活躍に関する情報公表

男女の
平均継続
勤務年数
の差異
女性 男性 全体
平均継続
勤務年数
13.9年 17.6年 17.6年

2018年3月31日現在

年次有給
休暇の
取得
女性 男性 全体
平均取得
日数
16.1日 15.7日 15.7日
取得率 87.4% 82.8% 83.2%

2018年3月31日現在

取り組み
内容
小松工場 宇都宮工場
2019年度
定時退社日
2回/月(24回/年)
年次有給
休暇最低
取得日数
(目標)
10日/年